While we cannot provide market commentary, it is widely recognized that the fixed income markets have been in a free-fall since the beginning of this year.  The combination of record high inflation, the Feds reaction to that, combined with the war in Ukraine, has caused investors to reduce their participation in the mortgage-backed securities market.  This has negatively impacted our ability to provide availability for our AzIDA HOME Plus down payment assistance (DPA) offerings.  This situation is not unique to the AzIDA’s HOME Plus program, as other DPA program providers are experiencing similar difficulties.  

These conditions can change on a day-to-day basis, unfortunately they have lasted longer than anyone has anticipated.  And while we cannot predict the future, we are hopeful that the combination of current events, that are sending shockwaves throughout the market, end soon.  We apologize for any inconvenience this has caused.  Thank you for your understanding.

Please talk with your lender for any alternatives available during these challenging times.

アリゾナ州の住宅購入者の頭金支援

アリゾナ州のすべての郡、市、郵便番号で利用可能です。

Home Plus Logo

アリゾナ州の住宅購入者に頭金とクロージングコストの支援を提供

アリゾナ州の住宅購入者に提供
頭金とクロージングコストの支援

Banner Image

DPAに関するDirk Swift。アリゾナ・スクール・オブ・リアル・エステート・アンド・ビジネス「ザ・ジャーナル」に掲載されました。記事パート3/3

"ホームオーナーシップによる富の構築"

によるものです。Dirk Swift - プログラム・ディレクター、Home Plus

不動産のプロである私たちは、購入することと賃貸することの違いが圧倒的に大きいことを知っています。しかし、私たちの地域には、家を持つことのメリットを理解していない人がたくさんいます。 

米連邦準備制度理事会(FRB)の「米国家計の経済的幸福に関する報告書」によると。 

  1. 住まい全体に満足しているのは、持ち家の93%に対して、賃貸の74%でした。また、借家人は、コストを含めた住居のあらゆる面で満足度が低い。
  2. 現在、29歳以下の個人の持ち家率は26%。それが60歳になると85%に増加します。
  3. 借りっぱなしの理由のトップは "頭金が用意できない" (回答者の62%)。
  4. 住宅保有率の人種的・民族的格差は、白人が71%、ヒスパニック系が50%、黒人が48%と顕著である。
 

人種・民族的マイノリティやミレニアル世代における住宅保有率の格差は、憂慮すべきものです。これらのグループは、住宅所有による社会的利益(自立、安定、地域社会への貢献)はもちろんのこと、住宅を所有することで安定した富を築くという経済的利益も得られていません。さらに、Urban Instituteの調査などでは 世代を超えたホームオーナーシップ は、親の住宅所有者とその子供の将来の住宅所有権の両方に直接的な影響を与えることを強調しています。

連邦準備制度の 消費者物価指数調査(SCF)* は、あらゆる経済的・社会的グループのデータを収集しています。最新の調査では、住宅所有者の平均純資産が$231,400であるのに対し、借家人は$5,200であることが報告されています。この数字は、住宅所有者の純資産が賃貸者の44倍以上であることを示しています。(純資産とは、簡単に言えば、総資産から総負債を差し引いたものです。)

  • 家を持つことは、家族の財産を築くための素晴らしい方法です。住宅所有は強制的な貯蓄の一形態であり、住宅ローンを支払うたびに、住宅ローンを返済し、住宅の持分を増やしていくことになります。住宅ローンの残高が減り、家の価値が上がることで、住宅所有者の純資産は指数関数的に増加していきます。
 
  • 非常に簡単な例を挙げれば、30万円の住宅ローンを組み、LTVが100%、金利が3.50%で、3%の保守的な上昇率で住宅を購入した場合、5年間で$79,000以上のエクイティを形成することができます。さらに、住宅購入の時期が早ければ早いほど、時間の経過とともに複利の影響が大きくなります。この効果を計算するツールは数多くありますが、その一つがEssentIQです。このツールを見るには以下にアクセスしてください。 HPAZ.link/tools
 

富の創出と教育レベルは、個人の自尊心を高め、人生の機会を増やし、ひいては地域社会を活性化するための2つの主要な要素です。私たちは教育レベルに直接影響を与えることはできませんが、ホームオーナーシップを通じて家族の富に重要な影響を与えることができます。

ホームオーナシップとそれに伴う富の蓄積は、すべてのアリゾナ州民に開かれたものでなければなりません。この世代交代の機会を地域社会に広めることは、不動産のプロとしての私たちの責任です。HOME Plus住宅購入者頭金支援プログラムのような住宅所有への導線は、住宅所有への道筋が見えない人たちに前進の道を提供します。

HOME PLUSについて知っておくべき4つのこと

  1. HOME Plusは、アリゾナ州のすべてのCounty, City, Zipで利用できます。
  2. このプログラムには、税金は一切使われていません。
  3. プログラムには継続的に資金が投入され、サンセットデートはありません。
  4. 簡素化されたプロセスは、買い手と売り手の両方にとって遅れを生じさせません。

HOME Plusプログラムは、真の官民パートナーシップです。私たちは国内の資本市場で資金を調達し、融資機関とのパートナーシップを結んで、州全体にHOME Plusプログラムを提供しています。HOME Plusプログラムには納税者の資金は一切使われていません。HOME Plusプログラムは、Arizona Finance Authorityによって設立された非営利法人であり、アリゾナ州の政治的下部組織であるArizona Industrial Development Authority (AzIDA)によって運営されています。

*消費者調査の詳細はこちら
Finances (SCF)をご覧ください。 www.FederalReserve.Gov/SCF/

記事はASREBでご覧いただけます。 ここをクリックしてください。


パート1と2を読むには、以下をクリックしてください。

パート1 - 2020年5月。 ここをクリックしてください。

パート2 - 2020年7月。 ここをクリックしてください。

 

これを共有する 友人や家族と

Facebookでシェアする
LinkedInで共有する
Twitterでシェアする
Share On Reddit
メールでシェア
印刷してあとで読む
ja日本語

WELCOME

のメンバーと友人

Tucson Association of Realtors

おめでとうございます。
100年