私たちは市場の解説をすることはできませんが、債券市場が今年に入ってから自由落下状態にあることは広く認識されています。 記録的な高インフレとそれに対する政府の反応、さらにウクライナ戦争が重なり、投資家は住宅ローン担保証券市場への参入を減らしています。 このため、当社が提供する「AzIDA HOME Plus」の頭金支援(DPA)にも悪影響が及んでいます。 この状況は、AzIDAのHOME Plusプログラムに限ったことではなく、他のDPAプログラムプロバイダーも同様の困難な状況に陥っています。  

このような状況は日々変化するものですが、残念ながら、この状況は誰もが予想していたよりも長く続いています。 未来を予測することはできませんが、市場全体に衝撃を与えているこのような事態が、早く収束することを望んでいます。 ご迷惑をおかけして申し訳ございません。 ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

このような困難な時期に利用できる代替案がないか、金融機関に相談してみてください。

収入限度額が$122,100.00に引き上げられました(2022年7月1日より適用)。

アリゾナ州の住宅購入者の頭金支援

アリゾナ州のすべての郡、市、郵便番号で利用可能です。

Home Plus Logo

アリゾナ州の住宅購入者に頭金とクロージングコストの支援を提供

アリゾナ州の住宅購入者に提供
頭金とクロージングコストの支援

Banner Image

DPAに関するDirk Swift。アリゾナ・スクール・オブ・リアル・エステート・アンド・ビジネス「ザ・ジャーナル」。記事パート1/3

"ダウンペイメントアシスタンスプログラム(DPA)の誤解"

によるものです。Dirk Swift - プログラム・ディレクター、Home Plus

 

80年代には、私と妻は典型的な住宅購入者だったかもしれません。私たちは1985年に、現在ウエストゲートと呼ばれている地域に、最初の家を$8万円で購入しました。新築の1450平方フィートの家で、3つのベッドルームと2つのバスルームを備えていました。当時、私たちの共稼ぎは年間$43,000でした。また、学生ローンで1,200万円の借金を抱えていた。母と祖父は、頭金とクロージング・コストに必要な5%を援助するために、私たちにお金を贈ってくれました。

最近では、住宅購入のハードルは格段に高くなっています。初めて住宅を購入する人は、さまざまな問題に直面します。$300,000以下の住宅を探すのは困難です。一方、家賃の高騰、世帯収入の中央値$59,246、学生ローンの平均負債額$23,913に加えて、アリゾナ州の住宅購入者は、頭金とクロージングコストのための貯蓄という困難な課題に直面せざるを得ません。残念ながら、家族からのプレゼントはもうありません。AzIDA HOME PLUS Home Buyer Down Payment Assistanceのようなプログラムは、このような住宅購入のハードルを下げるのに役立ちます。

今日の市場では、エージェントは、面倒で時間がかかることを恐れて、支援プログラムを利用することを躊躇しています。また、頭金やクロージングコストの資金源についても心配しています。このように、不動産業界では、頭金支援(DPA)プログラムに関していくつかの誤解があります。

  • DPAの購入者は、何かと信用度が低い。
  • DPAのプロセスはより負担が大きい。
  • DPAは特定のエリアや特定の物件に限定されています。
  • DPAは「大きな政府」であり、納税者が資金を提供するプログラムです。
  • どれも真実ではありません。

 

ここに事実があります。

  1. HOME PLUS DPAプログラムの住宅購入者は、頭金やクロージングコストのための資金が不足しています。彼らは信用力が高く、十分な収入があり、仕事も安定していて、Fannie Mae、Freddie Mac、および/またはFHAの新しい住宅ローンの資格を十分に持っています。

  2. HOME PLUSの支援を受けるためのプロセスは、通常の新規住宅ローンのスケジュールに沿って行われ、住宅購入者、不動産業者、金融機関の3者が協力すれば、迅速に対応することができます。住宅購入者が直接申請する必要はなく、プログラムが承認した金融機関がプログラムのすべての側面を取り扱うことができます。

  3. HOME PLUSの支援は、全州のすべての郡、市、郵便番号で受けることができます。このプログラムは、持ち家、新築、中古の一戸建て住宅、タウンホーム、コンドミニアム、二世帯住宅、マニュファクチャリングハウスなど、あらゆるタイプの住宅購入に利用できます。

  4. AzIDA HOME PLUSプログラムには、納税者の資金は一切使用されていません。HOME PLUSプログラムは、真の官民パートナーシップとして運営されています。HOME PLUSプログラムは、真の官民パートナーシップとして運営されており、国内の資本市場で調達した資金と、プログラム運営から得た収入で自己資金を賄っています。そのため、このプログラムは継続的に資金が供給され、日没期限はありません。

 

初回の住宅購入者がますます不利な状況に置かれている中、DPAやAzIDA HOME PLUSプログラムのようなリソースは、より多くの賃貸人を住宅所有者に移行させるための有利な手段として考慮されるべきです。

記事はASREBでご覧いただけます。 ここをクリックしてください。


パート2は7月号に掲載されます。
パート3は9月号に掲載されます。

これを共有する 友人や家族と

Facebookでシェアする
LinkedInで共有する
Twitterでシェアする
Share On Reddit
メールでシェア
印刷してあとで読む
ja日本語

WELCOME

のメンバーと友人

Tucson Association of Realtors

おめでとうございます。
100年